テーマ:宇宙

世界各地で「金星の太陽面通過」

太陽の手前を金星が通過する「金星の太陽面通過」という天文現象が日本時間6日午前7時すぎから始まった。 北米、中米、南米の北部の雲のない気象条件に恵まれた場所で、米東部夏時間5日午後6時(日本時間6日午前7時)すぎからこの現象が観測され始めた。 今回この現象は7時間近く続き、東アジアや西太平洋地域ではその全体を、欧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光の指輪、932年ぶり広域で金環日食

環太平洋の広域で日本時間21日、月が太陽と地球の間を横切り、 月の影によって太陽の円周の光が指輪のように見える金環日食が観測された。 日本で今回ほど多くの場所で金環日食が観測できたのは、実に932年ぶりだという。 めっちゃ地味だったけど 感動したよ 金環日食よりもこの前の皆既月食の方が好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スーパームーン」、世界各地で観測

地球と月の距離が年間で最も短くなるタイミングに満月を迎える「スーパームーン(Supermoon)」現象が5日、世界各地で観測された。 楕円(だえん)形の軌道を持つ月には、地球に最も近づく近地点と、地球から最も遠ざかる遠地点がある。スーパームーンは、月がほぼ近地点にあるときに観測される満月のため、地球からは普段よりも14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土星の輪の内側から見た衛星、NASA

米航空宇宙局(NASA)が10日に公開した、土星の輪の内側から撮影した土星の衛星タイタン(左、直径5150キロ)とテティス(中央、直径1062キロ)の画像。土星探査機カッシーニ(Cassini)の狭角カメラが先月7日に撮影した。  タイタンから約310万キロ、テティスから約220万キロ離れた地点で撮影した。わずかに上方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打ち上げ失敗のロシア火星探査機、15日に地球落下か

ロシア宇宙軍は4日、昨年11月9日の打ち上げ後、 予定軌道に乗れずに地球を周回しているロシアの火星探査機「フォボス・グルント(Phobos-Grunt)」について、 15日に破片が地球に落下する可能性があると発表した。 インタファクス通信(Interfax)が伝えた。 宇宙軍報道官によると、探査機は徐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピンクの霧、オメガ星雲の星形成領域

欧州南天天文台(European Southern Observatory、ESO)が2日公開したオメガ星雲(M17)。 同天文台の超大型望遠鏡VLT(Very Large Telescope)が撮影したもので、 地上望遠鏡が撮影したオメガ星雲の中では最も精細なものです。 ピンク色の霧で覆われたような星雲中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙に咲くバラ、相互作用する2つの銀河

米航空宇宙局(NASA)は20日、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)の 広視野惑星カメラ3(Wide Field and Planetary Camera 3)が撮影した 2つの渦巻銀河「UGC 1810」と「UGC 1810」の画像を公開した。 なんというきれいさ!!!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火星は「広範囲」が生命居住可能、豪研究

火星の環境をモデル化したところ、火星の「広範囲」が生命居住可能という結果が出たとの研究が、12日の科学誌「Astrobiology(宇宙生物学)」に掲載された。 火星の極ではすでに氷が発見されているが、研究チームは、「地球にいるような微生物が地球の基準で存在できるのに十分な」水を維持することのできる領域を調べた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観測史上最大のブラックホール2個発見、米チーム

米カリフォルニア大(University of California)などのチームは5日、太陽の約100億倍の質量がある観測史上最大のブラックホールを2個、発見したと発表した。 英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された報告によると、2個のブラックホールはどちらも地球から3億光年以上離れたふたつの銀河の中心部にあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探査機「ニュー・ホライズンズ」が捉えた木星と衛星イオ

米航空宇宙局(NASA)は15日、 冥王星探査機「ニュー・ホライズンズ(New Horizons)」が捉えた木星と、 その衛星イオ(Io)の画像を公開した。 ニュー・ホライズンズが2007年に木星にフライバイ(接近通過)した際に撮影したデータを加工したもの。 いいねぇ 宇宙見てると 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木星の衛星エウロパに巨大地底湖、生命の存在に期待

謎多き木星の衛星エウロパ(Europa)の地下に、 北米の五大湖と同じくらいの大きさの地底湖が存在する可能性を指摘した論文が、 16日の英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。 米テキサス大学オースティン校(University of Texas at Austin)の地球物理学者、 ブリトニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界最大の電波望遠鏡「アルマ」が稼働、日本も参画

これからは宇宙望遠鏡じゃなくて 電波望遠鏡なんですかね きれいな画像ですね ハッブル宇宙望遠鏡 スピッツァー宇宙望遠鏡に次ぐ サイト探索が面白そうだわ まだまだ全面稼働してないから これからがたのしみです 電波望遠鏡では世界最高性能のアルマの建設は、 カナダ、チリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラックホールが星を吸い込む瞬間、世界で初めて観測

宇宙ってすごすぎて理解できない ブラックホールには何ものも勝てそうにないな 星吸いこむんだもんね 太陽の100万倍もの質量をもつ「超大質量」ブラックホール って言われても想像できないもんな せいぜい10倍とかしか想像できないもの 100万倍だものね 宇宙とか好き本とか読むけども …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

34億年前の地球最古の化石、火星の生命に期待広がる

火星はちょっと前に水が流れてた跡みたいなの発見されてなかったっけ? 火星に生物くらいいるっしょ だってでかいし ミジンコみたいなさーやついてもいいでしょ もっと別の仕組みの生命だったらきづけるのかしら まぁ宇宙人はもういるって都市伝説でいってたし そろそろ宇宙事業本格化ってハローバイバイの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハッブル宇宙望遠鏡で撮った宇宙の写真が良い

宇宙とか星空の写真をひたすら集めてたら すごいサイトを見つけた というか知らなかった自分を呪った Googleで画像検索してたら妙に Hubbleって文字を見かけて 検索したら サイトがあったので見てみたら Hubble Site↓ http://hubblesite.org/ 最初は変なサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペースデブリっていうんすね

宇宙もゴミ問題とかあるんだね 富士山みたい 数千万個ものごみがあるとか 54年で結構ためましたな うまく回収できないものか 虫取り網みたいなので ささっととっていけないものかしら そういうの最初に考えた人が 儲けるんでしょうな 宇宙のゴミ問題—スペース・デブリ (ポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たーまやー

きれいだなー 人間のいけない場所って 神秘的で きれいだわ いけるようになるのが先か 絶滅するのが先か ってかんじの規模ですね 私は 偽物でも プラネタリウムで大満足ですけどね 超単純だわ みれるもんならみてみたいです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衛星ヘレネ

石ころみたい とおもったらでかい ウィキペディアさんいわく 直径36 × 32 × 30 km だって キロかい 氷に覆われてるとか キレイそうですね もっと近くで見れるようになったら いろんな光景がみれそうで 楽しみす 長生きしないとだわ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

複雑ですね(ディスカバリーの機体内部)

訓練で いろいろなトラブルをシュミレーションして 正確に対応するようにするみたいですが これだるくない? まだ プログラミング開発者よりは 操縦者のほうが らくだろうけども うっかり押すとことか間違えちゃうよね もっとエヴァンゲリオンみたいになればいいのに でもごち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more