テーマ:動物

南アの奇抜な泥棒対策

南アフリカで、最近ヒツジを盗まれたある畜産農家が対策として ヒツジの群れに携帯電話を「持たせた」ところ、効果があったという。 ケープタウン(Cape Town)の日刊紙ケープ・タイムズ(Cape Times)が11日伝えた。 ヒツジたちが首から下げた携帯電話は、ヒツジが走り始めた時にだけスイッチが入るように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘビースモーカーのオランウータン、禁煙のため島に隔離へ

インドネシア・中ジャワ(Central Java)州ソロ(Solo)の タル・ジュラグ動物園(Taru Jurug Zoo)で人気者となっていた、 たばこを吸うオランウータンの「トーリ(Tori)」がこのほど禁煙させられることになった。 オランウータン保護センター(Centre for Orangutan …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

サーカスでジャガーと記念撮影、ホンジュラス

ホンジュラスの首都テグシガルパ(Tegucigalpa)のサーカスでは、猛獣のジャガーと記念撮影ができるとか いいなー ジャガーと写真撮りたいな ホンジュラスってどこだよとか思ったら メキシコの下の方ですね 治安悪そうですね ジャガーの道のりは遠いな
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世界で最も醜い犬コンテスト」、米カリフォルニアで開催

毎年恒例の「世界で最も醜い犬コンテスト(World's Ugliest Dog Contest)」が22日、 米カリフォルニア(California)州ペタルマ(Petaluma)で開催された。 優勝したのは、英国から来たチャイニーズ・クレステッドの「マグリー(Mugly)」 私の好きな大会だ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱走チーター、母親の呼び声でおりに戻る オーストリア動物園

オーストリア・ザルツブルク(Salzburg)近郊の動物園からチーターの子ども2頭が夜のうちに脱走したが、 数時間後には母親チーターの鳴き声に導かれて囲いの中へと戻っていったという。 動物園関係者が5日、発表した。 チーターの子どもが簡単に脱走できちゃう設備ってことなのかしら 大人は脱走できな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペルー海岸で相次ぐ動物大量死、今度はオキアミが数千匹

ペルー海軍当局は25日、同国リマ(Lima)近郊の海岸で数千匹の甲殻類の死骸が発見されたと発表した。 同国ではこれに先立ち、イルカやペリカンの謎の大量死も発生している。 カジェタノ・エレディア大学(Cayetano Heredia University)の生物学者、ユリ・フッカー(Yuri Hooker)氏によれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京で桜が開花、平年より5日遅れ

気象庁は3月31日、東京で桜が開花したと発表した。ことしは平年より5日遅れ。 やっと春が訪れた感じがしますね 花見したいな 中目黒あたりで というかのんびりしたいですね 桜とメジロでもみながら
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重450キロのダイオウホウズキイカを捕獲 - ニュージーランド

南極大陸のロス海で22日、世界最大とみられるイカが釣り上げられた。巨大イカの大きさは、体長約10メートル、体重約450キロ。これまでに捕獲された世界最大のイカよりも、150キロも重い。  巨大イカを釣り上げたのは、ニュージーランド船籍のサン・アスパイアリング(San Aspiring)号。針にかかったマゼランアイナメ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「擬人化ネズミの剥製教室」、ニューヨークで人気

ニューヨーク(New York)市ブルックリン(Brooklyn)区ゴワナス(Gowanus)にあるアート関連のイベントスペース「オブザーバトリー(Observatory)」で、擬人化したネズミの剥製を作る教室が開かれている。 4時間のクラスで生徒らは、人間らしい格好や仕草をしたネズミの剥製を作る技術を学ぶ。このような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭が2つあるカメを展示、ウクライナの博物館

ウクライナの首都キエフ(Kiev)の博物館で、頭が2つあるヨツユビリクガメが展示されている。 「厳密に言うと、頭が2つあるのではなく、2匹のカメが結合しているのです」と動物学者のユーリ・ユラヴリコフ(Yuri Yuravliov)氏。「このカメは雌で、頭と心臓が2つ、前脚が4本ありますが後脚は2本。腸は1つだけです」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミミズに似た両生類、アシナシイモリの新種を発見 インド

インド北東部で、ミミズに似た四肢のない両生類「アシナシイモリ」の新種を発見したとする論文が22日、学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に発表された。体長は約20センチで、地表から25センチ程度のところで生活するという。 今回の発見により、アシナシイモリに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラスカの超軽量渡り鳥、アフリカまで往復飛行していた カナダ大研究

体重がスプーン2杯分の砂糖ほどしかない小さな渡り鳥ハシグロヒタキ(Oenanthe oenanthe)が毎年、北極圏からアフリカ大陸まで往復で2万9000キロもの長距離の渡りをしていることを突き止めたカナダの研究チームの論文が15日、英国王立協会(British Royal Society)の専門誌「バイオロジー・レターズ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーワールドのシャチは「奴隷」か、米連邦裁が近く初の司法判断

米カリフォルニア(California)州の連邦裁判所が、 水族館で芸を披露する動物は奴隷制度と強制的苦役を禁じた米憲法第13修正で保護されるのかという、米国史上初となる判断を下そうとしている。 この問題を提起したのは国際動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」だ。 2010年に調教師を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶滅危惧種のカワゴンドウ、ボルネオ島沖で18頭発見

世界自然保護基金(WWF)は7日、インドネシア・ボルネオ(Borneo)島沖で、絶滅が危惧されているカワゴンドウを18頭発見したと発表し、カワゴンドウ生息地の保護促進を求めた。 カワゴンドウはバンドウイルカに似ているが、鼻先は突き出ておらず、背びれもとがっていない。その生態についてはほとんど知られておらず、世界全体の個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界最古の「動物」化石発見、ナミビア

ナミビアのエトーシャ国立公園(Etosha National Park)など国内各地の5億5000万~7億6000万年前の岩石から、 海綿のような生物の化石を発掘したとする論文が、 南アフリカの科学誌「South African Journal of Science」に発表された。 世界最古の「動物」と考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムネビルのかわいい動物たち

フランスにも動物園あったのか ってよく考えたらあるか いいなぁ なんか動物が上品に見えるよ スナネコとか超みたい 見に行けばよかったよ でも首都パリから めっちゃ遠いじゃないか だったらモンサンミッシェル見に行きたいわ 世界中の動物園に行ってみたいのだけれど 現実的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コインよりも小さい世界最小のカエルを発見、パプアニューギニア

パプアニューギニアの熱帯雨林で世界最小のカエルを発見したとする論文が、11日の米科学誌「プロスワン(Pubblic Library of Science、PLoS ONE)」(電子版)に発表された。 体長は7.7ミリとコインよりも小さく、鳴き声も昆虫の羽音程度の大きさだという。 発見された新種のカエル「Paedo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大間産マグロに5649万円、築地初競りで最高値

都内・築地(Tsukiji)の中央卸売市場で5日、 新春恒例の初競りが行われ、 1本269キロの青森県大間産のクロマグロが過去最高値となる1本5649万円で競り落とされた。 これまでの最高値は前年、築地で香港の業者がつけた1本3249万円だった。 落札したのは、すしチェーン「すしざんまい(Sushi-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トカゲは尻尾の角度を変えてスムーズに着地、米研究

ジャンプするトカゲは、空中で尻尾の位置を調節することによりスムーズに着地している――。 米カリフォルニア大学バークレー校(University of California at Berkeley)の生体力学のチームが、 トカゲの着地動作に関する研究結果を4日発表した。 敏捷な恐竜も同じメカニズムを利用してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱電流でサンゴ復活、観光業や漁業も活性化

海水温上昇やシアン化物を使った漁法で破壊されたインドネシア・バリ(Bali)島周辺のサンゴが、 ドイツ人科学者の開発した装置を活用したダイバーの取り組みで生き返り、 そのプロジェクトが世界中に広がりつつある。 なんだかとても複雑な気持ちだわ 介護みたいなことなのかしら とても不思議だわ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空を飛ぶガンの群れ、ハンガリー

ハンガリーのタタ(Tata)にある湖で17日、 越冬に訪れたガンの姿が見られた。タタの湖はガンの越冬地。 ガンの群れは例年、2月末から3月初めごろに、北の繁殖地に向けて飛び立つ。 鳥好きだったのに ガンなんて聞いたことなかったORZ でもめっちゃみたことある 大きさはカモより大きく、ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私を食べたい?ドッキリ盛り付けで肉食に抗議

スペイン・バルセロナ(Barcelona)で15日、 動物保護団体「アニマ・ナチュラリス(AnimaNaturalis)」の活動家が巨大な皿の上にはだかで横たわり、 肉食に抗議するパフォーマンスを行った。 これーーーー よく魚の生け作り見たとき 想像する こわいよねー ひどいこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メコン川流域で新種続々、しかし絶滅の危機も深刻に WWF

世界自然保護基金(WWF)は12日、東南アジア・メコン川流域の大メコン圏(Greater Mekong)で2010年、 ムシクイの新種やクローンで繁殖するトカゲなど、 2日に1種の割合で新種の動植物が発見されたとする報告書を発表した。 タイ、カンボジア、ミャンマー、ベトナム、ラオス、中国・雲南(Yunnan…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュージーランドでクジラの大量座礁、61頭死亡

ニュージーランド自然保護局は16日、 ゴンドウクジラ61頭が同国南島北端のフェアウェル岬(Farewell Spit)の浜辺に乗り上げ、死亡したと発表した。 体長が最大6メートルにもなるゴンドウクジラは、 ニュージーランド近海では最も一般的なクジラだが、 大量座礁は年に2、3回発生している。 原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水族館でクリスマスイベント、八景島シーパラダイス

横浜の水族館、 八景島シーパラダイス(Hakkeijima Sea Paradise)でクリスマスのイベントが始まった。 12月25日まで行われる。 ものすごいかわいいな 見に行きたいし クリスマスの衣装きてるし もうやばいね しかもまだジンベエザメみにいってないし こみそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェンツーペンギンの赤ちゃん、メルボルンに到着 豪

オーストラリアのメルボルン水族館(Melbourne Aquarium)にこのほど、 亜南極地域から初めてジェンツーペンギンのひなが到着した。 ジェンツーペンギンの繁殖期は10月から12月までの3か月で、 雄と雌が交代で抱卵し、34日から36日間でふ化する。 泳ぐ速さはペンギンのなかでも最高速の時速3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルル・ギネス、ロンドン中心部に艦旗店オープン

ルル・ギネス(Lulu Guinness)が英ロンドン・メイフェア地区にあるバーリントン・アーケード(Burlington Arcade)内に艦旗店をオープンした。 店内では、最新コレクションをはじめ、 オープンを記念した限定アイテムなどを販売する。店舗デザインは、 建築家のピーター・マリーノ (Peter…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふかひれ禁止の動き広がる、カナダのトロントが条例導入

サメ保護の立場からふかひれスープ反対を唱える人々に、強力な同士が加わった。 米カリフォルニア(California)に加え、カナダのトロント(Toronto)も、 ふかひれの消費を禁止する条例を導入したのだ。 中国系コミュニティやビジネス団体などは、 ふかひれ禁止の決定に反発している。他の国々と同様に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カボチャお化けがミーアキャットをパクッ!?ドイツ

ドイツ中部ハノーバー(Hanover)の動物園では27日、 動物たちの住む囲いの中にもカボチャのちょうちん 「ジャック・オ・ランタン」などでハロウィーンの飾りつけが施された。 来園者だけでなく、動物たちにも好評のようだ。 かわいいなミーアキャット 遊んでるんだってさ カボチャと遊べるな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホッキョクグマを守れ!コカ・コーラが冬限定の「白缶」発売

米飲料大手コカ・コーラ(Coca-Cola)は今冬、 同社が1922年からクリスマス広告のマスコットに起用しているホッキョクグマの保護活動を支援するため、 米国内で白い缶のコカ・コーラを発売する。 世界自然保護基金(World Wildlife Fund、WWF)と提携して行われるこのキャンペーンでは、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more