南アの奇抜な泥棒対策




南アフリカで、最近ヒツジを盗まれたある畜産農家が対策として

ヒツジの群れに携帯電話を「持たせた」ところ、効果があったという。

ケープタウン(Cape Town)の日刊紙ケープ・タイムズ(Cape Times)が11日伝えた。

ヒツジたちが首から下げた携帯電話は、ヒツジが走り始めた時にだけスイッチが入るように設定してある。

つまり電話が鳴るということは、家畜泥棒が牧場の囲いを切って中に忍び込んだという合図なのだ。


携帯料金高くつきそうですね

羊ってそんなに簡単に盗めるものだったんですかね

盗むの大変な気がするんですけど

トラックかなんかで来て連れてくんですかね

そしたらおっかけても遅いきがするのだけど

この機能のおかげで捕まえたみたいですからね

携帯のGPSで追跡とかですかね?

はずされたらおしまいですね


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック