食べられる「アングリーバード」、シンガポールで登場




世界中で人気を得たフィンランドのロビオ・エンターテイメント(Rovio Entertainment)のゲーム

「アングリーバード(Angry Birds)」のキャラクターが、シンガポールのレストランで月餅に生まれ変わった。

フルーツ味で、中にはハスの実のあんの代わりに卵のカスタードが詰まっている。

中秋節に先立つ8月22日、1箱4個入りで限定3000箱が発売される。


いいなー

アングリーバード日本ではあまり人気ないですよね

私は好きなんですけどね

そしておいしそう

いいなー

食べてみたいなー

でもこれ日本人が作った方がクオリティ高そうなのにな

日本でもポケモンとかで作らないかしら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック